借金苦からの脱出と債務整理(弁護士・認定司法書士) TOP

お金を借りて、その返済に行き詰まって借金苦に陥ってしまっている人がいます。
借金苦になってしまう理由は、勤めていた会社が倒産して失業してしまったり、大きな病気をしてしまい入院を余儀なくされて仕事を失ってしまう、ギャンブル癖や浪費癖があって生活習慣が乱れているなどさまざまです。
しかし、だれもがその状態がよいものだとは考えていません。何とかその状態から抜け出したいというのが本音です。
借金苦に陥ってしまうと、複数の金融機関からお金を借りて、その利息の支払いに圧迫されるという生活を送らざるを得なくなったりします。
この借金苦から脱出するために有効なのが債務整理なのです。債務整理は、その借金がどのような状況にあるのかで、いくつか用いる方法があります。
裁判所を通さないで解決を図る任意整理、裁判所が間に入るようになる特定調停、最終手段となる自己破産など、その人の借金の状態に合わせた方法をとるようにしなければなりません。
債務整理には、自分でできる方法もありますが、現実的には弁護士や認定司法書士などの法律の専門家に依頼し、相談しながら話を進めたほうが合理的でかつ経済的でもあります。
また、弁護士や認定弁護士など法律の専門家に依頼することで、過払い金返還請求といった手続きもでき、借金苦の原因が利息の払い過ぎといったことによるものであるか確認でき、もし過払い金があった場合は、債権者を相手に返還請求もできるのです。
借金苦だったのが、逆に払い過ぎた利息分を取り戻すこともできるという決定的なメリットもあるというわけです。
債務整理は時間をかけての手続きとなるため、弁護士や認定司法書士とは長い付き合いになるはずです。
そこで、依頼者との間でいかに信頼関係を構築できるかが、借金苦から早く脱出するためには鍵になってくるはずです。また、それ以前に、債務整理の分野に明るい信頼できる弁護士や認定司法書士を選ぶということは、たいへん大事なことになります。
逆に、こうした借金苦で気持ちにゆとりのなくなっている人を狙っている、悪徳と呼ばれる弁護士なども存在しているので注意しなければなりません。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓

更新履歴